お客様の環境ではCSSが無効になっているため、本来の想定とは異なったレイアウトとなっておりますが、情報は問題無く読む事が可能です。


三崎恵水産について
関連コンテンツ
業務用カタログ
オンライン発注
産直通販
まぐろ問屋直伝!マグロレシピ
11代目まぐろ問屋日記
直営店舗のお知らせ
直営店舗 和Diningと回転すし
facebook

ホーム > 三崎恵水産について

ここから本文です


三崎恵水産について

三浦三崎港は「まぐろの故郷」

神奈川県の南東部に位置する三浦三崎港。天然の防波堤となる城ヶ島を南に栄えてきました。遠洋漁業の基地としても古くから名声があり、ここ三崎から大型の遠洋漁業船が太平洋・大西洋・インド洋に向けて出港し、数ヵ月後帰港します。

その遠洋漁業の目的はもちろんマグロ。世界中の旬の時期のマグロが集まる、ここ三浦三崎港はいわば「まぐろの故郷」と呼べるでしょう。大小含め200社以上のマグロ問屋がこのマグロ漁業を支え、高品質なマグロを消費者にお届け出来る仕組みを長年作ってまいりました。世界中の旬の時期のマグロが集まり、プロの目で選別されたマグロが「三崎マグロ」とご理解していただきたいと思います。

三浦三崎港の写真

知り尽くした会社です

三崎恵水産が設立されたのは1986年のこと。マグロや鮮魚、水産物の卸元として、1968年創立の親会社からの独立分社でした。そして長年全国のホテル・旅館・飲食店をはじめ量販店などに、そしてここ近年は通信販売として直接消費者に高品質な三崎まぐろをご提供してまいりました。三崎の高品質なマグロを皆様にお届けしたいという思いがすべての原点です。

工場の写真

プロのスタッフ

三崎恵水産の社員は、三崎まぐろの味と文化を伝える事を最大のモットーとし、その仕事のプロとしての誇りを持って業務に当たっています。もちろん皆、マグロのことを知りつくしたプロばかり。プロの目で選び抜いたマグロを、プロのこだわりにかけて最高の状態で、そしてマグロを愛する皆様の気持ちになってお届けしています。

また社員のほとんどが地元三浦三崎出身で、何よりもこの地を愛している人間の集団です。マグロのことは三崎恵水産の「マグロのプロ」にお任せ下さい。

スタッフの集合写真


会社概要

会社名
株式会社 三崎恵水産
所在地
神奈川県三浦市三崎町城ケ島658-142
工場
神奈川県三浦市三崎町城ケ島658-142
TEL.(046)881-7286/FAX.(046)881-7290
代表取締役
石橋幸男
資本金
1,000万円
設立
昭和61年6月19日
業務内容
マグロ、鮮魚及び水産物の加工、販売
社員数
64人(パート含む) 平成24年12月現在
年度売上
平成20年度 34億9533万円
平成21年度 41億 478万円
平成22年度 41億6761万円
平成23年度 46億6862万円
平成24年度 54億6108万円
取引銀行
横浜銀行 三崎支店
みずほ銀行 横浜中央支店
三井住友銀行 上大岡支店
三菱東京UFJ銀行 横須賀支店
商工中金 横浜支店
三浦藤沢信用金庫 三崎支店
沿革
昭和61年6月 (有)恵水産を設立
平成11年11月 城ヶ島字西山658-151に加工場を新設
平成12年2月 資本金1,000万円に増資
平成12年4月 株式会社と改組し社名を三崎恵水産とする。
平成13年3月 回転寿司等を運営していた飲食事業部を(株)ネオ・エモーションに譲渡しグループ飲食事業として独立する。
平成14年9月 遠洋マグロ船の多国籍化にともない、韓国及び諸外国よりまぐろの輸入を始める。
平成16年5月 多様化する得意先の要望に対応するため、城ヶ島658-142へ工場を拡張し移転する。
平成20年3月 グループ会社の(株)ネオ・エモーションの店舗拡大に伴い、恵発注システムを導入し同社の仕入れ業務を一括請負う。
平成22年10月 直販サイト『ニッポンの恵み(www.nippon-megumi.jp)』を開設。
平成23年3月 横浜市南区大岡3-1-6に小売スーパー『生鮮問直めぐみ市場大岡・弘明寺店』をオープン
平成23年6月 株式会社マグロクルーズの加工部門の譲渡を受け、加工部門を拡大
平成24年3月 社屋に10kwソーラー発電設備を設置し、発電事業を開始。  
平成24年10月 住吉漁業株式会社より住吉漁業城ヶ島冷凍庫の管理委託を受け、冷凍倉庫事業を開始。
平成24年11月 海外輸出事業拡大の為、シンガポールにおいて日本食の展示会『Oishii Japan』に出展する。
平成25年10月 経済産業省関東経済産業局より、当社オリジナルの試作商品『まぐろコンフィ』が,「地域産業資源活用事業計画」の第21号として認定される。
設備
超低温冷蔵庫(-60℃)
関連会社
(株)石橋水産 まぐろ及び冷凍加工品販売
(株)ネオ・エモーション 外食事業

本社地図

印刷はこちらから

業務用カタログ

三崎港に水揚げされた上質のマグロを全国各地の問屋様、小売り販売店様、業務店様のもとにお届けしております。お客様のご要望に合わせて、マグロを選び、最適な状態でご提供しています。また、マグロのほかにも、冷凍食品や加工品なども取り扱っております。

業務用カタログはこちらから

業務用カタログイメージ

産直通販

三浦三崎港直送のマグロや熟練の目利きにかなった水産物を安心価格でご家庭用にお届けしています。

産直通販はこちらから

三浦岬三崎港イメージ

直営店舗のご紹介

三崎恵水産では、グループ会社ネオ・エモーションで東京・横浜・沖縄に三浦三崎港で水揚げされたマグロを使ったお料理が愉しめる飲食店を展開しています。本物のマグロを本物の職人の技でご堪能ください。

直営店舗のご紹介はこちらから

直営店舗写真

お客様に届くまで

厳選されたマグロの中から  お客様のご要望に合ったマグロを提供

大量に仕入れたマグロは、三崎恵水産の超低温冷蔵庫に最高の鮮度のまま保管されます。マグロはその用途によって味や色など、お客様の要望が異なります。

三崎恵水産では1本1本のマグロの品質を厳しく管理し、豊富な在庫の中からお客様のご要望に合った最適のマグロを選び提供しています。

配送トラックの写真

仕入れ 三崎での豊富な経験と実績で仕入れる最良のマグロ

三崎恵水産では本マグロ、ミナミマグロ、メバチをはじめとする様々なマグロを大量に仕入れ、全国のお客様に提供しています。

毎日仕入れるマグロは膨大な量におよびますが、どのマグロも最良のものばかり。船主と市場と三崎恵水産が築き上げてきた厚い信頼があるからこそ、最良のマグロを常に安定して仕入れることが出来るのです。

水揚げの写真

設備 鮮度と価格の安定を守る最新の設備

マグロの鮮度を保つには、出来るだけ低い温度でマグロの状態を一定に保っておくことが重要です。

入札されたマグロは、ただちに超低温冷蔵庫に入れられ、-60℃の一定温度に保たれます。三崎恵水産はこの超低温冷蔵庫に大量のマグロを保管しています。

マグロの写真

選別 プロの目で良質なマグロを選別

天然マグロは一本毎に品質が違います。その一本毎に品質を均一にしていく事が最重要業務としています。

工場長、仕入れ担当者が一本毎品質をチェック。血栓や冷凍ボケなどが混在しないよう万全を期して取り組んでおります。

選別の写真

加工 ご要望に応じてカッティング

三崎恵水産では、お客様のご要望に応じてきめ細やかなカッティングを行っています。

超低温冷蔵庫での保管から、熟練した専門技術者による4つ割りからサク取り加工まで、社内一貫体制でローコストなカッティングを実現しています。

解体の写真

お届け 皆さまの食卓へ、全国の飲食店へ

関東一円は自社便及び自社契約便にて配送。その他の地域は宅急便を利用して直送いたします。そのお客様は北は北海道、南は沖縄まで、そして国際的に認められつつあるマグロは海外まで流通させております。

その後は、様々な形で小売店に並び、皆さまの食卓にのぼります。また業務用として全国の飲食店・ホテルに卸されたマグロも、それぞれの店で自慢の料理へと姿を変え、皆様の舌を楽しませているのです。

刺身の写真

ページップへ戻る

恵総本店のご紹介

城ケ島内の、潮風も心地よい絶好のロケーションに、三崎恵水産の直営販売店はあります。 恵総本店ならではの低価格で、最上級のマグロをご提供しているのはもちろんのこと、加工品も多数販売。

あの神田川俊郎先生プロデュースの「漬け魚」も大人気です。 ご贈答品としても喜ばれる、と何度も足を運んでくださるお客様も少なくありません。マグロ好きの方なら、一度は本場三崎へ。そして、三崎で安くておいしいマグロに出会うなら、恵総本店へ。ぜひお越し下さい。

取り扱い品

・みそ漬け、粕漬け各種 ・刺し身用冷凍マグロ各種 ・マグロ加工品各種

営業時間 10:00~17:00(木曜定休日)
住所 神奈川県三浦市三崎町城ケ島658-119
お問い合わせ先: フリーダイアルマーク0120-81-7286(恵総本店直電)